弊社「能力アップ大事典」から、2018年7月6日 の記事を移行しました。

サッカーの試合で点が入りそうな展開になると興奮します。

また、野球で「ここでホームランが出たら逆転サヨナラだ」という場面も興奮しますよね。

そのとき頭の中で分泌されるのが
【ドーパミン】です。

「点が入りそうで入らない」ということがたくさんあると
ドーパミンが、ドパドパ出ているわけです。

脳内物質であるドーパミンは
快楽や興奮を作る物質として知られていますが

名古屋大学情報学研究科の大平英樹先生によると
http://www.psy.sis.nagoya-u.ac.jp/top.html

快楽の予感(衝動を生み出す)を作る物質だそうです。


スリルが好きな人は
ドーパミンがたくさん出ています。

何かとチャレンジする人
冒険好きな人
好奇心が強い人
ギャンブルにハマる人

恋も
ドーパミンの作用です。


快楽・興奮物質といわれるとイケないもののようにみえますが
人が健全に生きていくために必要なものです。

スポーツ選手は、試合に向けて気分を高めるためにドーパミンを上手に使っていますね。

行動力がある人は瞬発的に行動できるので
ドーパミンが出ています。

私たち人間の体の仕組みは
原始人と何も変わりません。

原始人に理性が発達したのが現代人です。


鬱は、ドーパミンが減少している状態でもあるので
ドーパミンは必要なものといえます。

あなたもスポーツなど健全なことで

ドーパミンをドパドパ出して
行動力をアップしてくださいね♪

そうすると行動グセがつくようになります。

記事「アドレナリンは、アナドレン【緊張とリラックス】どちらも大事」
ご参考にしてください。