【覚悟する方法】粘り強さ、踏ん張る力に必要なものとは?

弊社「能力アップ大事典」から、2015年8月21日の記事を移行しました。

メンタル的に弱っていた人が

元気になってきて
さらに心を強くしていくには、

どこかで腹をくくって、踏ん張る必要があります。

根性論のように聞こえますが、
次の段階に上がるにはやっぱり必要です。

今までの弱い自分に抵抗する力、粘り強さ、ガッツともいえます。

踏ん張るためには、
足場がある程度固まっていないと踏ん張れませんが
足場の一例として「安心感」が必要です。

何をやっても失敗しない、許される、認められる
失敗しても何とかなる、「安心感」ですね。

その安心感は
心理学でも自己啓発でもいいので学んだ方法でもいいですし、
自分がたくさん行動して学んだ経験や知恵が安心感にもなります。

失敗しても、この日本では飢え死にすることはないでしょう。

人であれば、応援してくれる身近な人がいれば安心感が持てます。
お話を聴けるカウンセラーの場合もあります。

趣味や楽しみにしていることがあれば
自分に自信と安心感が持てて、踏ん張る力がアップします。

決して悲壮感ただよう背水の陣で覚悟しなければならないわけではありません。

ちょっと元気になってきたようでしたら是非、「踏ん張る力」を使ってみてください!