元リストラガン患者がガン、病気のストレスを軽くする方法、心理的緩和、ガンの心のケアをお話しています

元リストラガン患者がお話します

Heartstrings (ハートストリングス) 四葉のクローバー
能力開発、人間科学、心理研究
愛知県名古屋市より
田中孝憲

【ガンで】
  • 心配、不安で夜も眠れない、仕事も手につかない。
  • キレイ事ぬきで助かりたい。
  • 違ったところが痛く感じているような気がする。
  • 抗ガン剤でイライラ、吐き気、倦怠感がする
  • 周りの人すべてが健康に、幸せに見える
  • のしかかる治療費、経済的負担。

ガンになったことによって罪があるような扱いを受けたと感じることもあるでしょう。

私が想像しても想像しきれないくらいのご苦労をされているかとお察しします。

苦しんでいることに対して冷静に見つめるのは、とても勇気がいることだと思います。

しかし最初に勇気を出して行動すれば心が軽くなる突破口が開け、
ガンや病気に負けない意識を作ることができます。


そんな勇気あるあなたにお話します。
な ぜなら私自身ガンでしたから。


お客様よりご感想をいただきました。お役に立てているようでほっとしています!
東京都 岡本様
「ガン治療のこころがけ」を読ませていただきました。
最初にこのタイトルを見たとき、治療法のメリットやデメリット、民間治療法の紹介などが書かれた巷でよく見る種類の本かなと思いましたが、決してそうではありませんでした。

「ガン」という病気について多くの人が持っている間違ったイメージ、そのイメージから喚起されてしまう心の状態などが分析されていて、病気について正確な 知識を得ることの大切さや方法、無益な、いえ、有害とさえ言える自分が自分に与えるプレッシャーを失くすこと、そのための具体的で簡便な方法が書かれてい る本でした。

なにより、説得力があります。
専門的な知識を一般人に向かって分りやすく説明するという、メディアの役割を果たしているだけの本ではなく、 ご自分の体験から必然的な過程を経て導き出された土台の強固な視点 というふうに読み取りました。

気が付きにくいけど自分を動かしているのは実は自分の潜在意識であって、「ガン」について出来上がってしまった間違った潜在意識をどのように変化させていくかが鍵となる、という主張には心から納得させられました。

また経験したことのない苦しい状況に自分が置かれたとき、考えなければいけないことが一遍に幾つもあるような気がして頭が混乱しそれだけで心が折れてしまいがちになりますが、本に書かれているように、5つのポイントに絞って順番にそれぞれの段階で自分の心と状況を確認しするべきことをしてゆけば、結果として自分を守り抜くことが出来るんだな、と勇気付けられました。

読んだ直後から早速、今の自分の問題に当てはめてどのように目標への道筋をつけられるか、実際に紙に書き出してしまいました。(笑)
そして「●●」や、「●●」、「●●」などの説明は、「粘り強く」とか「なせばなる」などの精神論的言葉で表現されるよりも、もっと、ずーっと自然に腑に落ちて身体に沁み込んでくる感じがし、強められました。
このような言葉遣いひとつとってみても、著者が、読者に本当に理解してもらえるように心を砕いてこの本を書かれたんだなということを感じました。

この本は、人の心がどのように出来ていて、どのように本人に働きかけているのか、また身体と心がいかに密接に結びついているのかを熟知している方が書かれた本です。
また、ガンに罹った人やその周辺の方たちだけでなく、その他の病気や失職など、先が見えない苦しい状況にある人すべてに、必ず役立つ本だと思います。
多くに方にこの本が届くよう、お祈りしています。

ガンの痛みは体だけではありません。
体の痛み同様に心の痛みも解決する必要があります。

はじめまして。ハートストリングスの田中と申します。
身近な生活心理に関して研究、調査、情報提供をしております。

私は32歳のとき精巣ガン(精巣腫瘍)で手術し、
その後しばらくして腹部のリンパ節に転移して
抗ガン剤で治しました。

ただいま、すぐ読める小冊子「ちょっとだけ心が軽くなるコツ」(PDFファイル) +メール講座無料でプレゼントしています。
ご記入くださったメールアドレス宛にご案内が届きます。

たくさんの人に見ていただいております。
みなさまのご意見をフィードバックし、またいろんなお話をしていく予定です。

お名前
 (ニックネーム可)

メールアドレス

独自配信のシステムを利用していますので余計なメールは届きません。
メールが迷惑フォルダに入っている場合がございますのでよくご確認ください。
お客様の個人情報は厳重にお取り扱いいたします。

■ちなみに
私の使用した抗ガン剤は
ブレオマイシン(商品名:ブレオ注)
エトポシド(商品名:ラステッド注)
シスプラチン(商品名:ランダ注またはブリプラチン注)
というもので
この3つでBEP療法といい、セットになっています。

■また、治療費は以下です。
病院、症状により治療費に差があるかもしれませんので
私の場合に限っての事で大まかな参考であることをご了承ください。

社会保険 本人3割負担
途中から 国民健康保険 本人3割負担の治療費です。
1、15日間 入院&手術費用 \160,970
  緊急入院の場合ベッドが空いていないと個室しかないです。
2、1クール 24日間 入院費用 \337,140
3、2クール 25日間 入院費用 \347,930
4、3クール 24日間 入院費用 \336,120

経済的負担は確実に治癒に影響するのに”ガン治療の権威”といわれている人たちは
自分の立場を守りすぎて何も語りません。
おかしいと思いませんか? とても残念です・・・。
注:激務をこなされている勤務医の方のことではありません。

もちろん、目の前で死にそうになっている人を
治療費が払えないからといって助けないというレベルのお話ではありません。
そんな状況でしたら医師どころか、一般の人でも人道上無償で助けるべきです。
医療制度や経済状況、名誉、利害、医師と患者の関係、人間関係などすべてを含めて
おかしいということです。

転移が分かったときは、相当なショックパニックでした。
恐怖、不安、心配で仕事もままなりませんでした。

また、それ以前に人間不信で苦しんだこともありました。

網膜はく離、2度の肺炎(マイコプラズマ)、
交通事故での肝臓損傷、年収190万サラリーマン。。。

風邪をひいても貧乏で病院に行けない時もありました。
オレンジジュースを薄めて飲んでいたこともありました。


ガンを治療中にリストラされました。

すべて証拠はありますがお見せするような野暮なことはしません。
私の闘病記とリストラ(手続き的に正確に申しますと入院中です)
いきさつはとても複雑な話になるので、
無料メール講座を申し込んでいただいた方にお話しています。

何度もヘコタレそうになりました。心が折れそうになりました。

「あなたは不幸だ」と言われてしまいました

手術後復帰し、しばらくして(抗ガン剤使用前)上司に言われた言葉です。
別に不幸でもいいんです。
しかし他人に対してそういうことは絶対言うことはできません。
なぜなら幸か不幸かは本人しか決めることができないからです。

病院のベッド上で退職願に印鑑を押した瞬間から新たな闘いが始まりました

お金に関してはまだアドバイスすることはできませんが、いくらその仕事が好きでもご家族のためでも理不尽な上司、会社の下で苦しみながら働く必要はまったくありません。たとえこの不況下でも…。そんな時会社や同グループ企業が不祥事を起こして自分の仕事にまで影響が及ぶと社員は無力感にさいなまれます。
治療費の経済的圧迫は別の問題になりますが、その精神的な心配、不安は確実に闘病意識に影響を及ぼします。

しかし、数々のトラブルを克服。今幸せに暮らしています。

その秘訣をお話します。
少しずつ進めば知る勇気知りたい欲求が出てきます。
不安や恐怖をさりげなくコントロールしていく感覚を体験してみてください。


どこに痛みを感じるか?
■体が痛い・・・・・ 抗ガン 剤の副作用:イライラ、倦怠感、発熱、
            白血球低下、吐き気、脱毛など
患部が痛い
■金銭的に痛い・・・ 治療費の安売りセールはしていません。 命が助かってもその後の生活が苦しいなら意味がありません。
 それぐらいお金も大事です。お金なくても苦し過ぎます。
相談する人を間違えたらコツコツ働けと言われるだけです。
もっと多くの選択肢があるはずです。
ほか、新たに生命保険に入れないなど。
病気で冷静に物事を考えることができないと
効くかどうかも分からない 健康食品やサプリメントに何十万円も支払うことになります。
そしてすぐ不安になりその場しのぎの行動に出てしまいます。
■心が痛い・・・・ 一番後回しにされるであろうし、気づきにくいことです。 闘病中のストレス。
死の恐怖。
治療は落ち着いたが不安だ。
手術の跡が醜い。
以前のような生活はできないのか?
女性の場合、髪の毛が抜けるのは男が考える以上に
相当ショックだと思います。
いくら優秀な治療を受けても
心理的に苦しいなら意味がありません。
なぜなら苦しいと感じるのは心だからです。


・いつまでこの苦しみが続くのだろう
・周りの人すべてが健康に、幸せに見える
・すぐ不安になる、何をやっても楽しくない
・生きた心地がしない

誰もがガンから逃げるな気持ちで勝てと言いますがそれ以上のことは教えてくれません

もし解決できるような本があるならあなたにご紹介するだけで済みます。
良くなるためには努力が必要です。
しかし疲れ果ててしまうようながむしゃらな努力ではツライですよね。
しかも効率が悪いです。

 医者や病院にまかせきりにするのでなく、
患者、ご家族みずから率先して病気、ガンに立ち向かってこそ良くなります。

その気持ちでのお手伝いをしようと思います。

気分が良くなるにもコツがあります。
そのために意志が弱くても、面倒くさがり屋さんでも
できるように体系化いたしました。 



ここで少し抗ガン剤の副作用である吐き気と食欲不振についての
気持ちのおさめ方をお話します
吐き気止め(薬)を積極的に使うと思いますがそれでも吐き気はします。
そこでどう気持ちをおさめるかです。
まずどこまで「副作用なのだから仕方がない」と思えるかです。
吐き気に抵抗すればするほど辛くなります。吐けば済みます。吐けばスッキリします。
(私の場合イライラ感のほうが辛かったです)
そこで出てくるのが吐いてしまう罪悪感、羞恥心。
全然恥ずかしいことではないし、当然あなたに罪はありません。堂々と吐いてください。

そして食べれられない罪悪感。
どうしても病院では決まった時間に食事が出てくるので
食べなければいけない脅迫観念がでてきます。
せっかくご飯を作っていただいたのだからという思いもあり食べなければと思ってしまいます。

しかし、そんな思いを抑えていかに割り切って 「副作用で食べられないのだから仕方ない」と思えるかです。
そして何でもよいので食べれるときに食べやすいものを少しずつ食べて、食べていると実感し少しずつ自信を持ちましょう。



次ページで各方面でご活躍中の方からのご推薦のあと
さらにガンと心理についてご説明いたします。


次へ