「眠る技術」グッスリ眠る方法、睡眠障害、不眠、過眠、快眠、短眠、熟睡、安眠



心理カウンセラー、精神保健福祉士
作家
家族相談士
寄りそいカウンセリングサービス主宰
JUST電話相談員
認知症予防指導士
日本カウンセリング学会正会員
日本家族カウンセリング協会会員
早稲田大学文学部卒業

心理学、精神医学、脳科学、認知症、文学、女性史など幅広い分野に精通している。
女性の方でもお気軽にご相談ください。

著書
「認知症予防指導テキスト」
「ホームヘルパー最新事情」
「岡田嘉子との六〇年」
幼児虐待を受けた実在の女性の壮絶な話を著した「フラッシュバック」
昨年まで30年にわたりフリーペーパー「ザ・ファミリー」(㈱ロッテを母体とした発行、関東)で連載。

  お名前(ニックネーム可)  
  メールアドレス  
購読は完全無料となっております。
配信解除も簡単に出来ますのでご安心ください。








元気のない言葉が私の耳に入ってきました。

愛子さん(仮名)をカウンセリングしたときのことです。

愛子さんが最初に相談に訪れたときは、漠然とした不安や無気力などの不調を訴えて来ました。
そのときは特に睡眠のことなどは話にでませんでした。
しかし、お話をうかがっているうちに、
眠れないことの悩みばかりにとらわれていることに気がつきました。

そのきっかけは睡眠とは関係がない、
ちょっとした恋愛のこじれがきっかけだったのです。

そのときには愛子さんは恋愛の問題は
すでにあきらめて気持ちの整理はついていたのですが
実は睡眠の悩み自体が問題になっていたのです。

これは違った手を打たないといけないと思いました。
実際眠れていないという症状があったからです。
カウンセラーとしてできることを責任を持って行おうと思い、睡眠について徹底して調査し、
そして愛子さんを快方に導きました。


いきなり「眠れない」や「不眠症です」などとカウンセラーに訴えてくる人は少ないのですが、
愛子さんのカウンセリングを機に多くの方が心の病の裏側で、
睡眠に関して悩みを持っていることに気づきました。

そこで愛子さんが睡眠の悩みを解消していった方法を
悩みを持った多くの方にもご利用いただけるよう、まとめて公開いたします。
最後までゆっくり読みすすめてください。

それは知識や方法論だけではダメだったのです。

はじめまして、心理カウンセラーと作家をしております高橋と申します。
まだほとんど知られていない睡眠障害や不眠の解消についてお話させていただきます。

それはなぜかと申しますと、
現在、睡眠に関する医学的に正しい知識や安全な睡眠薬を
簡単に入手することができるのに、
なぜか睡眠について悩んでいる人が増えているからです。

これだけ本やインターネットで睡眠の知識があふれているのに
なぜ悩みを抱えている人が多いのでしょうか?

このまま睡眠に満足できない人が増えていくのでしょうか?

愛子さんの場合も同様です。
いろいろ出回っている情報や知識ばかりを試しては挫折し、
余計眠れなくなるといった悩みに陥っていたのです。

これは何か違うものが必要であると思い、心理カウンセラーという立場で
医師とは違ったアプローチで、私の経験から自ら筆をとらせていただきました。


懸命なあなただと思いますので、すでに睡眠障害や不眠について調べてお詳しいかもしれません。
また、もしかしたら漠然と良い睡眠が取れないで
なんとなく悩んでいるのかもしれません。

睡眠についての悩みが、すべて障害といえるレベルに達しているのかどうかは別として、
一口に睡眠の悩みといっても内容にはさまざまなものがあります。
・眠れない
・寝過ぎる
・寝つきが悪い
・途中で目覚める
・早く目が覚めてしまう
・いくら寝ても寝たりない気がする
など様々な訴えがあります。

その原因も体の病気からくるものもあれば、
心の病が引き起こしているもの、
また、寝ているのに寝ていないと単にカン違いしているだけの場合などもあって千差万別です。
言いかえれば眠りとはそれくらい奥の深いものなのです。

そして睡眠の悩みとは往々にして起きて目が覚めているときに悩むものです。
眠れないときはもちろん、
寝すぎて頭がぼ~っとしているときも、寝つきが悪いときも、
いくら寝ても寝たりない気がするときも、目が覚めているときに悩みとして自覚している状態です。

たまたま何らかの原因でしっかり眠れていないと思うことがあり、
それが次の日も、また次の日も気になりだし、
何日も悩んでいる状態が続くと、
日常生活に支障がでるぐらい深い状態に陥ります。

睡眠障害の多くを占めるといわれる不眠症になる原因も、一番初めのきっかけは様々ありますが、
不眠症に陥ってしまうメカニズムは、
眠れないことが気になりだし、
いつ眠れるかと注意を集中してしまうことにより意識が覚醒するからです。

そんな日が続くと、良く眠るために焦ってインターネットや書籍で
眠るための知識ばかりを調べてしまいます。

その方法を実行したとしても、
焦っていて心理的に安心できない状態で実行しているので
眠れなくなるのです。

そして頑張って調べて実行したのに、眠れないという無駄な努力の結果だけが残り、
さらに悩みは深くなります。
悪循環に陥っているのです。

でも仕方ありません。
インターネットや一般書籍の知識は医学的に正しい知識ではありますが、
眠るという行為人間の心理が大きく関わってきます。
その心理的な対処法が載っていないのですから、
今手に入る知識や情報では良く眠ることはできません。

こう書いてしまうと言葉の問題で済まされてしまい、正確に不眠症に当てはまる方が少なくなってしまいますが、それでも深く悩んでいる方が多くいるわけで、そういう方のためにご活用いただきたく思います。

そんな日常生活で支障がない程度の悩みから、
障害といわれるぐらいの深い悩みも含めてみても放っておくととても危険です。
なぜ睡眠の悩みを放っておくと危険なのでしょうか?

睡眠の悩みを放っておいたらどうなるでしょうか?

眠れない、またはいつでも眠いことで困っている・・・
実はそのこと自体はそれほど危険ではありません。
(体の病気が原因の場合があるので無視はできません。)

危険なのは、あなたが起きているときの活動に影響することです。

当然、眠れずにいたり、昼眠く夜目がさえる(昼夜逆転)状態ですと、
体力的にも低下し、意識がもうろうとするので
交通事故仕事中の事故の危険も高くなります。

免疫力も低下するので病気にもかかりやすくなります。
それだけ睡眠は体力回復、精神的疲れも回復してくれます。

「また今日も眠れないのではないか?」
そんな心配や不安ばかり感じて仕事にも集中できなくなるでしょう。
ぼ~っとしていると仕事の失敗にもつながり、自信も喪失していきます。
もっとひどいうつ病の引き金にもなる可能性が高いです。

そんな事故や失敗をする前に、一刻も早く睡眠の悩みを改善しておく必要があるのです。
もちろん悪循環に陥る前の悩みが軽いうちなら、より解消しやすいといえます。





想像してみてください

【睡眠のことで悩んでいる時間+ベッドの中で安眠できずにイライラしている時間】

どれだけあるでしょうか?

睡眠のことで悩んでいる時間は起きているあいだのことです。
睡眠のことを調べたり、
仕事を休んで時間を使って病院に行ったり、
あるいは単に今日もしっかり眠れないのではと悩むだけの時間を使ったり。

仕事や勉強にも集中できず、昼間の活動も不完全燃焼に過ごしてしまいます。
ベッドの中で安眠できずにイライラしている時間も日々積み重ねていくと、
相当な時間を無駄に過ごしてしまうでしょう。

例えば、ベッドに入って眠れずにいる時間が1時間だとしたら、
1週間で7時間、1ヶ月で30時間、1年で360時間、10年で3千6百時間も
無駄な時間をベッドの中で何もせず過ごしてしまいます。
2時間寝付けないと、その倍の7千2百時間もムダに過ごしてしまいます。

あらためて睡眠の悩みを放置する弊害を再確認していくと、すぐにでも改善しないといけません。
そのようなことを考えると、今すぐ安眠を手に入れたいとお思いになるかもしれません。

でもちょっと待ってください!
そのはやる気持ちが、余計あなたを焦らせ安眠から遠ざけてしまいます。

そこでちょっとした睡眠に対する思考の使い方
この機会に学んでいただくと楽に安眠できます。


睡眠に悩んでいた時間がなくなったぶん、ほかの楽しみに使うことができます。
睡眠のことで悩まされることがなくなると、当然昼間の活動していることに集中できてきます。
ベッドに入ってすぐ眠りにつけば無駄な時間も過ごさなくなり、
充実した人生を送ることができるようになります。
しかし、多くの方が睡眠の悩みを持っていても放置してしまいます。
厚生労働省の発表によると、日本人の5人に1人(約2600万人)が
睡眠の悩みを持っているといいます。
潜在的にはもっと多いでしょう。

このまま睡眠に満足できない人が増えていくのでしょうか?

睡眠障害で受診する病院は心療内科や精神科、神経科などです。
睡眠専門の病院も増えていますが、まだまだ悩んでいる人の数からすると少ないです。

精神科という敷居の高さと
病院に行くほどではないという睡眠特有のあいまいな悩みの幅により、
多少悩みがあっても、そのまま放置している人が多いのが現状です。

一時的な不眠や過眠なら、ほとんどの方が経験されていることでしょう。
しかし、そんな多くの人が睡眠に関して悩んでいたり、
満足に睡眠を取れていないといいつつも、
なんとかお仕事や日常生活に支障のない程度に回復しています。

それは本人も気づかず自然に治っているかもしれませんし、
インターネットや一般書程度の知識の実行で治っているかもしれません。

そして、いろいろ手を尽くしてはいるが悩み続けて深くなり、
どうしようもない状態になってやっと病院に行くことを考えます。
病気が原因の睡眠障害でない場合、睡眠が十分に取れていなくて体に変調をきたしてくるのは
かなり遅くなって表れます。

しかし、それでも睡眠の悩みで病院に行くことは勇気がいることかもしれません。
お医者様の前ですと、萎縮して正直に症状をお話できない人もいるかもしれません。

身近な人に相談をしても
「仕事を真剣にやっていないからだ」とか
「眠れなくても死ぬことはない」など
こちらは真剣に悩んでいるのに小馬鹿にされたような扱いを受けたこともあるでしょう。
だから余計自分がおかしいのでは?と悩みを抱えこんで、進展がないまま放ってしまうのです。

悩みが軽いからといって、いつそんな深い悪循環に陥るかは分かりません。
ひょんなことから症状が悪化するのが精神的な悩みや病いといえます。
そんな睡眠障害予備軍と思われる方がたくさんいます。

しかし心理カウンセラーだからできる改善法がありますので今からお話させていただきます。

心理カウンセラーは目に見えない、人の心をケアしていくお仕事ですので
精神医学や脳科学にも精通している必要があります。
ご縁があって、私は認知症についても関わらせていただいております。

また医師との関係にも気を使っています。
医師では扱えないことをケアしなければなりません。
医師も精神療法を行なうこともありますが、カウンセリングほど徹底したものではありません。

逆にカウンセラーはお薬をお出しするような診療は出来ませんが、心の問題を解き放ちます。
お互いが対等な立場で出来ないことを補って患者様を快方へ導きます。

しかし薬の処方だけなど医学的な治療しか重要視されず、
心の問題はまだ日本では軽視されがちなのが現状です。
薬を出して終わりというケースが多いのです。

睡眠の悩みは心の問題が関係してくることは、まだ広く知られていません。
睡眠の悩みを改善するには心の状態が重要なのです。
そして意外と心を見つめていく方法は知られていません。

知識ばかり追い求めていませんか?

本やインターネットやテレビ、雑誌などで専門知識が大切だといわんばかりに、
たくさん情報があふれかえってあなたを惑わしています。
医学的知識だけが必要なのではありません。

この睡眠の悩みに関しては心の問題が大きく占めています。
けっして知識だけでは解消できません。
睡眠スタイルは人それぞれ違います。
あなたに合った睡眠スタイルを見つけていきましょう。 


先ほど多くの人が睡眠の悩みを持つにもかかわらず
自然と治ったり、簡単な知識で治ったりすることをお話しましたが、
そういった場合すでに心理的な呪縛が解かれているので
容易に自然な眠りに戻ることができます。

しかし、真面目な性格の方や多少神経質の傾向がある方は
眠れないことを気にしてしまいます。
(真面目な性格はとても大切で尊重いたします。冒頭の愛子さんも真面目な方です。)

「気にするな!」

もしかしたら、そんな無責任な言葉をあなたは何度も言われてきたかもしれません。
確かに「気にしない」ことが正しいのですが
気にしないためにいろいろ考えてしまう癖があるから悩むのです。

焦って気にしすぎて十分な睡眠が取れないと思っている状態がつづくと、
睡眠に対する見方や思考がコリ固まって余計眠れないという習慣が身に付いてしまうのです。
そこで、こころのメカニズムから紐解いていきます。


身体の病気やうつなど他の病気の要因を除いて、
これといって原因がないにもかかわらず、睡眠が満足にとれないと感じている状態のほうが
睡眠障害の多数を占めていると考えられています。
その多数がよく眠らなければという思考の障害が多いのです。

“よく眠らなければならない“というコリ固まった思考の障害に気づいて
悪循環を解放いたします。
睡眠に対しての見つめ方を変えて、安心感を得て良い眠りにつくことができるようになります。

睡眠に対しての今までの考え方は人それぞれです。
ゆっくりあなたのペースで進みましょう。
多くの方に実践しやすく、自由なペースで進めることができるようにマニュアルとしてまとめました。
身体のコリもほぐしながら、心がどういう状態にあるかを気づいてください。

今までのように睡眠に悩むことなく、日常生活を過ごすあなたが待っています。
むしろ快眠や熟睡にも通じる方法なので、
今まで以上に充実して活動的になれるでしょう。

それでは改善の手順をご説明していきます。


睡眠で悩む病気の例を挙げていきます。
 うつ病と睡眠は密接な関係があります 症状を挙げながらお話します
 本人も気づかない睡眠時無呼吸症候群について
 高齢期のせん妄について・・・認知症にも似た症状です
 PTSD(心的外傷後ストレス障害)による睡眠障害について
   ・・・トラウマも睡眠に関係してきます
 不眠をおこす可能性のある薬、嗜好品、サプリメントなどをご紹介
などなど


体のメカニズムからみた、安眠するための身体的な対処法をご紹介いたします。
この方法だけで安眠できる方も多いです。
 概日リズム障害について・・・人間の体内時計についてご説明します
 体の深部体温を下げる その1、その2・・・体温と睡眠の関係を2つご紹介
 高齢者の不眠症対策・・・体質が変わる高齢者の睡眠についてご説明します
 睡眠薬を使う場合について
現在の睡眠薬は安全性は十分に保たれています。しかし使い方を誤ると効果が薄かったり、徐々に効かなくもなります。1つの有効な手段としてご説明いたします。
 すぐにできる簡単リラックス法簡単覚醒法
認知行動療法にも使われている瞬間的にできるリラックス法と覚醒法をご紹介いたします。眠りたいときにはリラックス法を、眠気を覚ましたいときには覚醒法を 使い分けることができます。
などなど


心のメカニズムからみた、睡眠にこだわってしまっている心を解放していきます。
 本当は何に悩んでいるのか?
   ・・・もしかしたらあなたの悩みは睡眠ではないかもしれません
 眠れないことへの嫌悪感を減らすために・・・眠れない時の快適な過ごし方
 簡単にできる、不眠の翌日の気分転換の方法
 睡眠との付き合い方が変わる方法
   ・・・睡眠も人間と同じように付き合い方があります
 理想の睡眠などありません
理想の睡眠を追い求めていることがかえって理想の睡眠を遠ざけます。
ではどのあたりを目指せばよいでしょうか?
などなど


心を解放したあと今あなたは自由な心に戻っています。
再発しないようにあなたの目標を見つけましょう。
決して睡眠の悩みの解消を目標とするのではありません。
 あなたが今忘れているもの
 睡眠の悩みを消し飛ばす”あること”とは?
   ・・・それは必ずあなたが持っているものです。
 あなたの夢と共存する睡眠の悩み
 もっとあなたの夢を具体的にしていきましょう
などなど


心の強化法をご紹介いたします。
誰でも長所や短所は持っているものです。完璧な人はいません。
睡眠に関しても同様です。
その長所を伸ばし、短所の見方を変えてあなたらしい強みを作っていきましょう。
 アントニオ猪木選手、ピアニストの辻井伸行さんと不眠の関係とは?
世界的に成功している人にも不眠の方は大勢います。しかし私たちの睡眠と何が違うのでしょうか?
 こだわりはOK 、ただしこだわるターゲットを間違えないこと
 夢中になれることを探してみましょう
 ストレングスモデルによりあなたの長所や強みを数えてあげましょう
 あなたの夢の実現へ・・・
などなど

ここまでくると、以前のあなたと比べたら睡眠に限らず、
あらゆる悩みについて軽く感じてしまうでしょう。

睡眠の悩みを解消できたことにより、さらに自信を持ち
活動的になり、生きがいを感じて充実した生活を手に入れることと思います。

晴々とした気分で友人とお話ができるので、表情も豊かになり人気者になるかもしれませんね。
愛子さんもとても素敵な笑顔を取り戻し、新たな恋に夢中のようです。
私もあなたが生き生きと過ごしていらっしゃる姿が浮かんでとても嬉しいです。







一生懸命なあなたですから、もしかしたら今までとても努力をされてきたかもしれません。

病院の治療費、そのための交通費(遠くの病院かもしれませんね)、薬代、
あるいはアロマやマッサージなどのリラックス快眠グッズ、CD、DVD、サプリメント・・・
安眠を得るために高額な布団も買ってしまったのでは。

過剰に良い睡眠環境を作っていたのではないでしょうか?
それだけでも何十万円もかかってしまいます。

はたまたその場しのぎのタバコやお酒。
病院に行くほどではないと思っていても、やはり放っておくわけにはいきません。

病院がお出しする睡眠薬やその他のお薬は、あくまで治るきっかけをくださるもので、
それだけで根治できるものではありません。(睡眠障害の場合です)

そして薬に頼るとますます深みにはまってしまいます。

仕事を休んで病院に行く手間を考えると、ついつい先延ばしにしてしまいます。
今まで悩んでいた時間を思い浮かべると相当な時間になると思います。
今回私がご提供させていただくマニュアルはいつでもご家庭で実践できます。
病院のように萎縮する必要もありません。
 もちろん他人に知られなくて済みます。

これ以上インターネットで調べたり、一般書を買い漁る必要はありません。

辛いとは言いつつも、忙しくてなかなか解決するきっかけがないかもしれません。
とても真面目なあなただと思いますからお仕事、人付き合いもお忙しいかと思います。
しかし今がチャンスです。
ここで解決するきっかけをつかんでください。






5月31日(木)で販売終了につき
特別価格1,800円でご提供いたします。


あなたが今後悩み続けることなく、
快適にお過ごしになることを想像していただければ、
ご入手しやすいと思います。

それでは特別価格のうちに今すぐ、以下よりお申し込みください。







商品のお渡しは
●ダウンロード販売(PDFファイルをダウンロードしてあなたのパソコンで読むことができます)
 または
●冊子版(別途製本配送料全国一律1,950円)
からお選びください。

【お支払方法】 クレジット決済、ダウンロード版が土日祝を含み即時読めます。
コンビニ決済、ダウンロード版であればお支払い後、土日祝を含み約2~3時間で決済確認完了し読めます。
クレジット決済、BitCash
(即日決済確認)
ダウンロード版は決済確認後、即日のお渡し
冊子版は決済確認後、5営業日以内の発送
コンビニ決済(前払い)
銀行振り込み(前払い)
郵便振替(前払い)
ダウンロード版は決済確認後、即日のお渡し
冊子版は決済確認後、5営業日以内の発送
冊子版ご購入の際、決済方法に代金引換を選択した場合は代金引換手数料350円かかります。

決済終了後、メールを2通お送りいたします。
1つは決済システム会社からの決済完了とダウンロード方法のメール、
もう1つは弊社からのご購入のご案内メールです。(特典の入手方法もご説明しております。)

器具、薬など他に必要なものはございません。
●返金保証、メール相談はありません。
効果には個人差がございます。全ての方に効果があることを保証するものではありません。
大変お忙しい中、先生自ら執筆していただきました。
予告なく価格変更や販売終了する場合がございます。
販売元:ハートストリングス
特定商取引法に基づく表記   弊社へのお問合せ   プライバシーポリシー

すぐにでも悩みを解消する手助けとなるために特典をご用意いたしました。

マニュアル内のワークを実践しやすくするために、
書き込み式ワークシートを別途プレゼントいたします。
これに沿って書き込んでいけば、さらに安眠、熟睡が近づきます。
エクセルファイルですので何度でも書き直しが可能です。




一般書と同じでたいしたことないのでは?
他にも媒体、情報があるのでは?
一般書では書くことが制限されることが多いです。 イラスト、読みやすい行間、文字の大きさなど。
特に睡眠に対する心理的な説明はインターネットや一般書にはない内容を含んでいます。
また一般書店で販売する予定もありません。

誰でも効果はありますか?
他の病気が原因で睡眠障害の場合もございますので、効果の個人差はあります。病気の種類もご紹介しておりますのでご参考になさってください。
そして睡眠に対する基本的な考え方は多くの人に当てはまりますのでご活用ください。
あなたに合った睡眠のスタイルを作っていきましょう。

自信がないです。
今までいろいろ試されてきて失敗した方は、なかなか自信が持てないかもしれません。何事もやる前から自信がないのは当たり前と思っていただいて大丈夫です。本書で少しずつ自信を取り戻しましょう。

今通院していますが大丈夫ですか?
今睡眠薬を使っていますが読んで効果はありますか?
医師の説明と処方を守っていただければ本書を合わせて使っていただいて構いません。

症状が軽くても読んで大丈夫ですか?効果はありますか?
ぜひとも軽いうちに本書の内容を身につけてください。
あなたの人生で末永く使えるものとしてお役に立てるでしょう。

今健康ですが読んで意味はありますか?
是非とも読んでください。
よりいっそう睡眠に対して健全な見方が作れます。
不眠に限らず、過眠、快眠、短眠、熟睡、安眠・・・すべて本書の考え方が根底にあります。
病気以外にもたくさんお役に立つ内容になっております。

最後に・・・
元々眠ることは人間の自然な行為です。
今のあなたは少しだけ自然な眠りを忘れているだけです。
その自然の眠りを思い出してみましょう。

私自身いまだ寝たりないときもありますし、寝すぎてけだるいときもあります。
常に満足した最高の睡眠をとっている人はどれぐらいいるでしょうか?

おそらく皆無ではないかと思います。

そんな気持ち良くもしてくれて、気分を害することもある睡眠に対する考え方が
いまだ画一的にしかみられていないのは大変残念なことと思います。

本書をきっかけに少しでも睡眠の悩みを解消し、
活動的で充実した毎日を送っていただきたいと思います。

その結果さらに心地良い睡眠が得られるものと思います。

ぜひとも「良く眠ることができた」というお声だけでなく
「仕事に、勉強に、人生に充実できました」というお声をお聞かせください。

あなたが良くなるためでしたらお手伝いさせていただきます。







▲ページトップへ